HOME > EDIソリューション  > JCAサーバシステム > Windows版・Linux版

EDIソリューション JCAサーバシステム Windows版・Linux版

  • EDIソリューシュン
  • 全銀TCPサーバーシステム
  • Windows
  • Unix
  • Linux
  • Mac
  • 全銀TCPクライアント
  • Windows
  • Unix
  • Linux
  • Windows CE
  • iPhone・iPad
  • Android
  • 全銀BSCサーバシステム
  • Windows・Linux
  • 全銀BSCクライアント
  • Windows
  • Linux
  • JCAサーバシステム
  • Windows・Linux
  • JCAクライアント
  • Windows
  • Linux
  • EDIWave BMS Center
  • Windows・Linux
  • JXサーバー
  • Windows
  • Linux
  • JXクライアント
  • Windows
  • Linux
  • ebXML
  • Windows
  • Linux
  • AS2
  • Windows
  • Linux
  • EDIWave TLS Convertor
  • Windows・Linux
採用情報

この製品についてのお問い合わせはこちら

製品の概要

本製品は日本チェーンストア協会(JCA)が制定した「JCA手順」のホスト側及び、端末(起動局)側をサポートした製品です。
ホスト機能を利用して顧客[JCAの端末(起動局)側]とのファイル送受信や、端末機能を利用して上位のJCAセンターへのファイル送受信を行うことが可能です。
通信マルチプロトコルBOX(MP-BOXⅡ)を使用して、全銀手順通信環境を実現します。

※MP-BOXⅡには専用同期モデムまたは専用同期TAが必要となります。


製品の特徴

JCA手順のホスト側・端末側をサポート
JCA手順のプロトコルが通信マルチプロトコルBOX(MP-BOXⅡ)に組み込まれているため面倒なセットアップは必要ありません。
通信マルチプロトコルBOX(MP-BOXⅡ)には、信頼性のあるLinuxを採用していますので非常に安定して動作します。
通信内容の設定や、通信状態、通信履歴照会などは、EDIWave管理ツールを介して、Webブラウザーから操作可能です。
安定した、EDIシステムのサーバ構築に!(ホスト系からオープン系への移行をお考えの場合に最適です。)
通信マルチプロトコルBOX(MP-BOXⅡ)は大きさもコンパクトですのでパソコンに比べ場所も取りません。

接続例

EDIWaveJCAサーバシステム接続例 [図解]


動作環境

EDIWave管理
ツール
Windows版 Linux版
CPU Pentium 1GHz以上 Intel Pentium2以上
メモリ 128M以上 256M以上
ディスク容量 インストール時に、5M以上の空き容量が必要。その他、送受信データ量による。
対応OS
  • [x86]
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate
  • Microsoft Windows 8.1/8.1 Pro
  • Microsoft Windows 10 Home/Pro/Enterprise
  • Microsoft Windows Server 2008(x86)
  • [x86-64](※本製品は、32ビットで動作します)
  • Microsoft Windows 8.1/8.1 Pro
  • Microsoft Windows 10 Home/Pro/Enterprise
  • Microsoft Windows Server 2008(x86-64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2016
  • [x86]
  • Red Hat Enterprise Linux 4(AS/ES/WS)
  • Miracle Linux v4
  • Cent OS 4.4, 5.6, 6.0, 6.5, 6.7
  • RHEL(Red Hat Enterprise Linux) 5, 5.1, 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.6, 5.7, 5.8, 5.9, 5.10
    6.0, 6.1, 6.2, 6.3, 6.4, 6.5, 6.7
      (Desktop/Server/Advanced Platform)
  • (※RHEL,Centは、7より32ビット版の提供はありません)
  • [x86-64](※本製品は、32ビットで動作します)
  • Cent OS 6.0, 6.5, 6.7, 7.0, 7.1, 7.2, 7.3 x86-64
  • RHEL(Red Hat Enterprise Linux) 5.6, 5.7, 5.8, 5.9, 5.10
    6.0, 6.1, 6.2, 6.3, 6.4, 6.5, 6.7
    7.0, 7.1, 7.2, 7.3
      (Desktop/Server/Advanced Platform)
Webサーバ IIS Apache 1.3以降
モデム、TA等 BSC同期通信に対応したモデムまたはTA。セット販売もいたします。
通信速度
(単位:BPS)
2400,4800,9600,19200,64000
通信マルチプロトコルBOX
(MP-BOXⅡ)
最大接続数
99台

機能仕様

項 目 内 容
JCA手順ホスト側
登録可能件数 設定情報 最大2000件(※1)
設定内容 業務名称 50バイト(全角 25文字)
センターコード 6桁必須 (※2)
ステーションコード 8桁必須 (※2)
識別子 6桁必須 (※2)
データ種別 2桁必須 (※2)
レコード長 4桁(1~テキスト長)
テキスト長 128 / 256 / 512 / 1024 / 2048 から選択
改行コード制御 送信時:削除、受信時:付加の有無選択
その他 可変長レコード 配信時のみ対応
データ電文の
コード変換
ASCII <-> EBCDIC の半角英数字および半角カタカナのみ対応
JCA手順端末側
登録可能件数 接続先・送受信
ファイル情報
5000件
設定内容 業務名称 50バイト(全角25文字)
接続先電話番号 接続先の電話番号
センター確認コード 6桁必須 (※2)
ステーションコード 8桁必須  (※2)
識別子 8桁必須  (※2)
データ種別 2桁必須 (※2)
テキスト長 128 / 256 / 512 / 1024 / 2048 から選択
レコード長 4桁(1~テキスト長)
改行コード制御 送信時:削除、受信時:付加の有無選択
その他 可変長レコード 配信時のみ対応
データ電文の
コード変換
ASCII <-> EBCDIC の半角英数字および半角カタカナのみ対応

(※1) MP-BOXⅡの動作状況によって異なります。
(※2) 設定された値を、プログラム内部でEBCDICコードに自動変換して通信を行ないます。


価格

品 目 価 格
EDIWaveJCAサーバーシステム サーバー:1セッション お問い合せください
EDIWave 管理ツール 1ライセンス お問い合せください

※EDIWaveJCAサーバーをご利用になるには「EDIWave管理ツール」が必要です。
※モデム・TAのセット販売も承っております。
※数量割引もありますので、お気軽にお問い合わせください。


変更履歴

2017.02.01
動作確認済OSに RHEL 7.3、Cent OS 7.3 を追加しました。
2016.01.15
動作確認済OSに RHEL 7.2、Cent OS 7.2 を追加しました。
2015.12.14
動作確認済OSに Microsoft Windows 10、RHEL 7.1/6.7、Cent OS 7.1/7.0/6.7 を追加しました。
2014.08.01
動作確認済OSに RHEL 7.0 を追加しました。
2014.07.28
動作確認済OSに Windows Server 2012 R2 を追加しました。
2014.01.24
動作確認済OSに Cent OS 6.5 を追加しました。
2013.04.12
動作確認済OSに Microsoft Windows 8.1/8.1 Pro, 及び RHEL 5.10, 6.5 を追加しました。
2013.04.12
動作確認済OSに RHEL 5.7, 5.8, 5.9, 6.4 を追加しました。
2013.02.14
動作確認済OSに Microsoft Windows 8 Pro, 及び Microsoft Windows Server 2012 を追加しました。
2012.08.22
動作確認済OSに RHEL 6.2, 6.3 を追加しました。
2011.08.04
動作確認済OSに Cent OS 5.6, 6.0 を追加しました。
2011.07.12
動作確認済OSに RHEL 5.6, 6.1 Desktop/Server/Advanced Platform を追加しました。
2011.01.24
動作確認済OSに RHEL 6.0 Desktop/Server/Advanced Platform を追加しました。

この製品についてのお問い合わせ試用版ダウンロードはこちら