HOME > EDIソリューション  > JX手順サーバー > Windows版

EDIWave BMS Center JX手順サーバー

  • EDIソリューシュン
  • 全銀TCPサーバーシステム
  • Windows
  • Unix
  • Linux
  • Mac
  • 全銀TCPクライアント
  • Windows
  • Unix
  • Linux
  • Windows CE
  • iPhone・iPad
  • Android
  • 全銀BSCサーバシステム
  • Windows・Linux
  • 全銀BSCクライアント
  • Windows
  • Linux
  • JCAサーバシステム
  • Windows・Linux
  • JCAクライアント
  • Windows
  • Linux
  • EDIWave BMS Center
  • Windows・Linux
  • JXサーバー
  • Windows
  • Linux
  • JXクライアント
  • Windows
  • Linux
  • ebXML
  • Windows
  • Linux
  • AS2
  • Windows
  • Linux
  • EDIWave TLS Convertor
  • Windows・Linux
採用情報
EDIWave BMS Center JX手順サーバー Windows版 試用版無償提供中!
ご希望の方は、お問い合わせフォームより、ご請求ください。
みんなつながる流通BMS
この製品についてのお問い合わせ試用版ダウンロードはこちら

製品の概要

本製品は、流通システム標準普及推進協議会(流通BMS協議会)が策定したJX手順のサーバー側手順に準拠したソフトウェアです。 
インターネット経由で接続し、ビジネス文書のアップロードや、ダウンロードを実現する通信プロトコルです。
クライアント側は、安価でインターネットに接続できる PC 環境で実現可能です。
取引量が少なく、低コストでインターネット EDI を実現したい企業向けです。


製品の特徴

流通BMS対応のJX手順のサーバー側をサポートします。
HTTPベーシック認証、SSLサーバ認証、クライアント認証をサポートしています。
JX手順のメッセージ交換定義(WSDL)2004年度版、2007年度版に対応しています。
ビジネス文書(送受信ファイル)の圧縮、解凍に対応しています。
通信開始前、通信終了後にJXサーバーから外部プログラムの呼び出しが可能です。その際外部プログラムに通信結果などの情報の引き渡しも行えます。
受信時の通信開始前処理では、受信したビジネス文書をユーザ様が作成したプログラムで検証し、その結果をSOAP Fault情報としてクライアント側に渡すことが可能です。
Windowsサービスとして動作可能ですので、通信設定後はPCの起動のみで通信可能です。
データベースを必要とせず、簡単に環境の構築が行え、すぐに使用する事ができます。

接続例

Windows版全銀クライアント接続例 [図解]


動作環境

CPU Celeron(2コア 2GHz相当以上)を推奨
※ご使用されるOSの推奨スペック以上。
メモリ 2GB以上(推奨4GB以上)
ディスク容量 インストール時に、1GB以上の空き容量が必要。
その他、送受信を行なうデータ量により異なります。
Windows
  • Microsoft Windows 7 Home Premium/Professional/Enterprise/Ultimate
  • Microsoft Windows 8 Pro
  • Microsoft Windows 8.1/8.1 Pro
  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2016
  • ※上記OSの32bit/64bit両方に対応しています。

機能仕様

項 目 内 容
登録可能件数 接続先情報 最大999,999件
業務情報
設定内容 メッセージ交換定義(WSDL) 2004年度版、2007年度版
ビジネス文書形式 任意の形式を指定可能
ビジネス文書種別 任意の種別を指定可能
ビジネス文書の圧縮・解凍 ZIP、GZIP、JAR形式の圧縮、解凍に対応。(パスワードを指定した圧縮ファイルは未サポート。)
上記以外の形式、またはパスワード付の圧縮ファイルは、外部プログラムで圧縮・解凍し、圧縮形式を接続先に通知・接続先から取得する事で対応可能。
ビジネス文書のスキーマチェック チェックする、しないを選択可能。
※チェックする場合は、スキーマファイルはユーザー様でご用意して頂く必要があります。
送受信可能
なビジネス文書サイズ
10 Mバイト以内
ファイル無し・
0バイトファイルの扱い
正常とするか、エラーとするか選択可能。
ログ機能 送受信履歴や、エラー情報を確認可能

価格

品 目 価 格
EDIWave BMS Center JX手順サーバー 1セッション(基本) お問い合わせください
追加セッション 追加 1セッションあたり お問い合わせください

※数量割引もありますので、お気軽にお問い合わせください。


変更履歴

2015.2
新規追加。