HOME > PC&モバイルソリューション  > COM監視モニター(Windows版)

PC&モバイルソリューション COM監視モニター(Windows版)

  • PC&モバイルソリューション
  • さくさくPDF
  • Windows
  • COM監視モニター
  • Windows
  • TCP/IPファイル転送ライブラリ
  • Windows
採用情報

Windows2000/XPに対応したCOM監視モニターPROをリリースしました。
※Windows98/Meで使用する場合はCOM監視モニター Version2.0をご使用ください。

Windows NT4.0の対応についてはこちら[COM監視モニターのNTの制限事項]をごらんください。


この製品についてのお問い合わせ試用版ダウンロードはこちら  試用版を無償ご提供中!

製品の概要

COM監視モニターとは、COMポートのデータを監視したり、信号線(RS,CSなど)の状態をモニターすることが可能です。
このソフトウェアのみでモニターできるため、高価なモニター機器を用意する必要がなく、設定も容易です。

※Windows NT4.0の対応についてはこちら[COM監視モニターのNTの制限事項]をごらんください。


製品の特徴

  • COMポートを通過するデータおよび信号を監視します。(※1)
  • 外部PC監視機能でデータの監視が可能です。(※2)
  • 特定のイベントを監視することができます。
  • COM1~COM4までをサポートしています。 (※3)
  • アイドルタイムの表示により無通信時間の読み取りが可能
  • Windows95/98/Me/2000/XP対応。(Windows95はOSR2以降)

(※1) 信号線の監視はCOM監視モニターVersion2.0の機能です。
COM監視モニターPRO(Windows2000/XP版)では信号線の監視はできません。
(※2) 外部PC接続監視はCOM監視モニターPRO(Windows2000/XP版)では使用できません。
(※3) 仮想COMポートでの使用はできません。
  • モニターしたデータをファイルに保管し、後から再表示することができます。元のデータを保管するので同じデータを別のプロトコルで表示することができます。
  • 画面のイメージを印刷およびプレビューすることができます。
  • 信号線のON/OFFをLED表示で視覚的に表現します。
  • 特定のイベントを指定しておくことにより、状況表示ウィンドウに発生時間とともに表示します。(例:特定の信号線のON/OFF,特定コードの送受信)
  • 送受信データの表示は、HEXコード、JIS8、EBCDIC、EBCDIKのいずれかで可能です。

接続例

Windows版COM監視モニター従来型使用時接続方法

Windows版COM監視モニター外部PC接続監視時接続方法

※外部PC接続監視はCOM監視モニターPRO(Windows2000/XP版)では使用できません。


ダウンロード

COM監視モニターVersion2.0.0 Windows98/95/Me対応版 
(シェアウェア 試用期間:7日)
2002.09.03 Ver.2.00 ダウンロード(フル版 約1.05MB)
2001.09.17 Ver.2.00 ダウンロード(簡易版 約263KB

※インストール前に、Readme.txt を参照してください。

※過去のバージョンを試用中のお客様へ

  • 新しい試用版では、試用期限が7日間に短縮された為、試用版を起動出来なくなる場合があります。
  • ライセンスキーをご購入済みのお客様は、お手元の「ライセンスキー」をそのままご利用頂けます。

Windows NT4.0の対応についてはこちら[COM監視モニターのNTの制限事項]をごらんください。


Windows2000/XP対応版 (シェアウェア 試用期間:7日)
2002.12.26 Ver.3.0 ダウンロード(約1.2MB)

※インストール前に、Readme.txt を参照してください。

※Version2.0以前のバージョンをご利用中のお客様へ

  • Version2.0以前の『ライセンスキー』はご利用になれませんのでご注意ください。

※外部PC接続監視はCOM監視モニターPRO(Windows2000/XP版)では使用できません。


(※1) COM監視モニターはシェアウェアです。7日以上使用する場合は、代金を送金していただく必要があります。詳細は、下記の[シェアウェア料金]についてを参照してください。
(※2) フル版はインストーラ付、ランタイムDLL不要です。 簡易版はインストーラなし、MFC6以上のランタイムDLLが必要となる以外は、機能的な違いはありません。


シェアウェア料金

COM監視モニターVersion2.0.0 Windows98/95/Me対応版
区 分 料 金
個人向け 1ライセンス ¥2,500-
(税別)
法人向け 1ライセンス ¥5,000-
(税別)
フリーライセンス ¥50,000-
(税別)
外部PC監視用ケーブル
(一本)
1ライセンス ¥9,800-
(税別)
(別途、送料手数料が掛かります)

個人利用の場合:
インストール後、マニュアルをご覧いただくか、お問い合わせフォームより、お問い合せください。またべクターのサイトから「プロレジ」にてライセンスキーの購入ができます。


法人利用の場合:
金額については、上記のシェアウェア料金とさせていただきます。法人向けの1ライセンスまたは、フリーライセンスで購入される場合は一度、お問い合わせフォームより、お問い合せ願います。


COM監視モニターPRO Windows2000/XP対応版
区 分 料 金
1ライセンス ¥5,000-(税別)
フリーライセンス ¥50,000-(税別)

※フリーライセンスとは、企業内であればコピーフリーとします。(転売は不可)


変更履歴

[V3.00]
2002.12.26
・Windows2000/XPに対応しまして、COM監視モニターPROとしてリリースしました。
[V2.00]
2001.09.17
・外部通信のモニターを可能にする(専用ケーブルを使用)
・JIS8表示の時に00h~1Fhのコントロールコードを表示可能にしました。
[V1.00]
2000.10.05
・WindowsMeをサポートしました。
 
[V0.8.9]
2000.03.26
・公開開始

COM監視モニターWINDOWSNTの動作制限事項

WindowsNT4.0でCOM監視モニターを使用する場合、専用のドライバソフトが必要となります。 下記制限事項をご了承いただいた上で、お問い合わせフォームよりご請求ください。

  • COM監視モニターを起動してモニターを開始した後に、COMポートへのアクセスを行ってください。
  • モニターの終了後は、WindowsNTを再起動して下さい。(再起動せずにCOMポートを使用した場合ブルースクリーンが発生する場合があります)
  • 外部PC接続監視はサポートしていません。

※上記のことを守ったとしてもハングアップや、ブルースクリーンが発生しないわけではありませんので、ご了承ください。念のため大事なデータ等は保存してからご試用ください。
※WindowsNT版COM監視モニターの使用に付随、または関連して生じた直接的または間接的な損失、損害などについては、一切責任を負いません。

この製品についてのお問い合わせ試用版ダウンロードはこちら